住宅着工戸数

2017年08月22日 | トップページコラム - 社長ブログ

建築士定期講習 テキストより
平成元年 着工持家戸建数は約50万戸。
このころ、大工さんが構造躯体を全て手加工によるものでした。
いまでは、想像もできないアナログな時代。 
それから約30年が経つと、正に約28万戸となる。
約半分になった。
住宅に求められるものは大きく変化しました。
今求められているもの と ことは何でしょう。
そして、今後新しく求められるもの と ことはどのように変化するのでしょうか。

川下建設は、次へを考えています。

Copyright©株式会社 川下建設 All right Reserved.