Howzz instagram Facebook
令和の時代の住まい選び(日経新聞第2部)

持続可能な社会に向けて未来を見据えた住まいづくり

1.環境負荷を抑えた住宅の実現

  エネルギーコストの低い住宅の普及(ZEH住宅)←利用者に高い評価を得る

2.長期優良住宅の認定制度の浸透

  長く住むことは、環境負荷の低減実現に効果的

当社が提案する「ミニマルデザイン」は、令和の時代にマッチングした内容となっている。

住まいの取得と同時に発生している、全国的な人口減少に伴う空き家問題。

社会問題化し、顕在化する空き家の対応は、それぞれの目的と結果を想定した取り組みが必要となる。

必ずしも、保存のみが全てではない。

多様な社会に対応した、軽快な考えと行動を提案することも必要です。

また、地域工務店の取り組みについても、今以上包摂的でない開かれた思考が求められる。