レンガの家はサステナブル!

運命数はゾロ目の33。
どうやらゾロ目はカリスマと言われているらしい。
こんにちは、カリスマTです。(←冗談です) アドバイザーTです。

ある日、運命数がカリスマじゃね、と突然主人に言われて知りました( ..)φメモ
皆さん、占いは好きですか?
わたしは普通です。良いことだけ信じたい、ただそれだけです笑

さて!
愛媛県初のレンガ積みの家でおなじみの、川下建設。
モデルハウス計画はゆっくりと着実に進んでおります、しばしお待ちを!

今日のブログはレンガの家について熱く語るので長くなります。ご了承ください(+o+)

なぜレンガの家なの?

レンガの家は、一つ一つ職人さんによる手積みです。
タイトルにある通り、レンガってサステナブルなんですよ!

最近よく耳にする、サステナブル。
一体なんぞや、の方。
是非調べてみてくださいね!
これからの私たちの生活、地球の未来に大きくかかわることです。

サステナブル・・・持続可能な  という意味。

SDGsは、持続可能な社会  という意味です。

私たちの住む地球が、どんどん大変なことになっていっていることはなんとなくわかると思いますが、このまま今のままの生活を続けると・・・‼ とっても危険な状態に。

地球の未来のために、持続可能な社会を作っていこう!と、国連で定められた17の開発目標。それがSDGsです。

弊社は、SDGs認定企業です。#環境に優しい住宅作り

それぞれの企業が、一人ひとりができることを。
私たちの住む地域、日本、世界を良くしていきましょう。

ということで!
レンガの家なのです!!レンガの家のサステナブル、説明していきますね(^-^)


白いレンガの家。

レンガの建築物といえば何を想像しますか?

東京駅、横浜赤レンガ倉庫など。実際見たときなんともいえない、自然の迫力、重厚感を感じませんか?
思わず写真を撮りたくなりませんか?(*^-^*)

それはきっと、レンガの自然さ、に引き込まれるからではないでしょうか。
あと、あまりレンガの建築物を見る機会がないから、ということもあるのかもしれませんね。

昔は日本にもたくさんのレンガ建築物があったようですが、関東大震災により多くのレンガの建物が崩れてしまいました。
そこから、地震大国日本、湿気の多い日本の風土に合わない、ということから廃れていき、日本の風土に合っていた木造建築が主流となっていったようです。

・耐震について

なぜ、当時のレンガ建築物は地震で崩れたのでしょう?

そのころのレンガ建築は、鉄筋無しで手で積んだだけのもの。なので大きな揺れで崩れてしまったようです。

よって『レンガの建物はもろい、地震に弱い』
というイメージがついてしまっているのですね。

ところがどっこい!!←
今のレンガ建築は違います。地震に強い、強いレンガ積み方法となっておるのです。

複数の縦筋、横筋でレンガを補強しています。
(使用する金物は全て酸化によるサビ防止のためステンレス)

また、重さのあるレンガが家の躯体に負担をかけないよう、基礎に直接レンガを積み上げます。
これにより、建物自体にかかる負荷を軽減!
家本体にとても優しい(*^-^*)のです。

レンガで建物全体を包むことになるので耐震性も抜群。
地震により木軸が大きく揺れると、周りのレンガ積み構造の外壁がしっかりと揺れをおさえてくれます。

耐震性能動画
↑ご覧ください。

・湿度について

昔の日本のレンガ建築では、湿度の高い日本で、家の中にカビが生えて、それを漆喰で塗ってもすぐに剥がれてしまう、ということがあったようです。

レンガの家で使用するレンガは、1100℃以上の高温でじっくり焼きあげられており、セラミックス化します。
石よりも固く、紫外線や酸性雨にも強く、高い抵抗性と耐食性をもった、結合の強い化合物となります。

よって、芯まで水が浸透するなんていう心配はありません。(表面のコンマ何mmかは吸う事があります)

天然素材で作られた耐力面材は調湿効果に優れ、結露の心配もありません!(^^)!

レンガは土を1100℃以上の高温で焼いている、自然のもの。
いつかは土にかえるのでしょう。

自分の建てたマイホームがいつか大きなゴミにならず、自然にかえる、と考えると、とっても地球に優しいと感じませんか?(^-^)

そしてレンガの家は、100年もつといわれています。

レンガで作られた外壁は劣化しないんです。
建ててから50年後が一番美しい、なんていうこともなにかで読みました。

50年後に価値が存続する家、になります。

一般的な住宅は、きっとその間に、多くて4回ほどの外壁塗り替えが必要になるでしょう。
しっかりメンテナンスをすればそちらでも全然良いと思います(*^-^*)

ただ、その都度費用はかかります。おおよそ100万円/回 くらいとよく言われます。

レンガの家は、外壁メンテナンスフリーコストパフォーマンスが抜群です!これはサステナブル!

・耐火について

何度も言いますが1100℃の高熱で焼き上げているレンガですので、火災の火をとおしません。
隣家からのもらい火事になる心配もなく安全です。

耐火実験動画
↑ご覧ください。

・意匠性について

レンガは、外壁材として唯一の三次元素材!
積み方により生まれる陰影が、こだわりを演出してくれます。


様々な積み方。

それぞれの建物に最適な表情と陰影を造り出していきます。

レンガは古くて新しい素材。住むほどに味わい深くなり、人々に無意識のうちに安心感を抱かせてくれます。

一つ一つ手積みのため、一つとして同じ家はできません。
あなただけの、大切な家族だけのこだわりの家になります(^-^)

意匠動画
↑ご覧ください。


自然災害に強いレンガの家は、沖縄地方にたくさん建てられております。

凍害、塩害、火災、台風、地震
にとっても強い家です(^^)/

家を建てる、ということは、街の一部になるということ。
街の一部にキレイな景観で、長く存続するレンガ積みの家があると、地域のサステナブルにもつながります(^O^)

大好きな地元のための、持続可能な街づくり。一つの選択肢として一緒に考えていけたら嬉しいです♩
#lovesaijo

とっても長くなりましたが、いかがでしたでしょうか?(*^-^*)

愛媛県東予地方だけにとどまらず、四国四県からのお問合せ大歓迎です!

興味を持たれた方がおられましたら、ぜひ、まずは無料の資料請求からどうぞ(^O^)
↓↓↓
お問合せフォーム

インスタグラムのDMでも大丈夫です!

それでは♡